俺の名前はゆうすけ。大学を中退してから三年間。ずっと引き籠り、ネトゲ三昧の生活をしている。
そんなニートの俺が、ひょんなことから、アパートの大家に。

木造建築のぼろアパートの管理人なんて、難の役得も無い糞みたいな生活が始まる……
と思っていたが、

住人は全員20代の女性ばかり。
おまけに彼女達の部屋が覗けるよう、のぞき穴まで設置してやったwww。

「なんだよ。家賃、持って来たのか?まだなら今日の分は?」
そういって強い口調で捲し立てる俺。すると彼女は泣きながらシャツをめくり、

「そ、それが……も、もう下着がないんです。だから……だからこれで許してください……」

★無料立ち読みできまっせ!★

いい形のおっぱい。思わず俺はごくりと生唾を飲み、舌なめずり。。。
ククク、これはまた……、随分と楽しめそうじゃねぇか。

俺は住人達でヌキまくり、その上、弱みを握ってやりたい放題にしてやるぜ!!